徒然なるままに「美しき地球」

20171216日(土)

日経の月刊誌「ナショナル ジオグラフィック」に掲載されている写真の展示会に行ってきました。


「美しき地球」というテーマで、自然界の一瞬の画像が、

迫力ある傑作写真として21点を展示。

アフリカの砂漠の木々が夕日に映え、デザインなのかと疑ってしまう。

メキシコの地下40℃の中で出現した巨大な結晶。

渦を巻きながらジンベイザメが目の前に迫りくる。


美浜区新港にある「TIMBER YARD」のホールで

1226日まで展示。必見‼

すぐ隣の「Mother Moon Café」も美味しいですよ。

c0236415_15265149.jpg


[PR]

# by hokui8do | 2017-12-16 15:30 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)  

「LIFE SHIFT」

20171029日(日)

難しい(手ごたえある)内容だった。

自分なりに整理して現状と将来をどう見据えていくか、考えるきっかけにはなった。


人生80年のステージは教育・仕事・引退の3ステージ。

65歳で退職すると人生80歳(日本人男子平均寿命)が、引退後のこれまでの時代のステージになる。

LIFE SHIFT」では、現在10歳の子供の50%は107歳まで生きるという。

80歳からその先20年以上生きる時代が来るとなると、3ステージを考え直す必要になるという。


100年ライフでは、1つ目は家族・友人関係を充実する事。

2つ目は、今後は、人口が減少しIT化が進むと雇用も空洞化となり、より高度なスキルや専門知識や創造性や共感の仕事が優位とされる。

3つ目は、自分自身に投資して絶えず新しい経験やスキルを身につけ、自分を試す「変身資産」を持つ事で人生の選択肢を持っておく事。


今できる事は、「変身資産」を身につけられるよう準備する事かもしれない。


[PR]

# by hokui8do | 2017-10-29 00:12 | 読書 | Trackback | Comments(2)  

徒然なるままに「稲毛海浜公園が「INGE SUNSET BEACH PARK」へ変身‼」

20171022日(日)

稲毛海浜公園が生まれ変わる。

コンセプトは「INGE SUNSET BEACH PARK


2020年完成へ、ホワイトビーチ、海へ延びるウッドデッキ、

グランピング(高級キャンプ)、温浴施設、

稲毛記念館をリノベーションして宿泊施設と魅力ある公園に変身へ。

プールの1部をリゾートを感じられる「大人も楽しめるプール」に改修。


今も自然があり、芝生広場や音楽堂もあって素晴らしい公園。

20~30年先を見た公園作りは楽しみです。

熊谷市長のアメリカ西海岸の視察効果がいよいよ発揮。

やってくれます‼


稲毛海浜公園施設リニューアル整備・運営事業(千葉市HPより

https://www.city.chiba.jp/toshi/koenryokuchi/kanri/kaihin-jigyousha-kettei.html


[PR]

# by hokui8do | 2017-10-22 00:41 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(2)  

川﨑港トラ

2017101日(日)

3回目の参加。「オール三菱ライオンズチアリーダー」が会場を盛り上げ、

キッズや中学生、高校生も参加できるアットホームな所がいい。

天気は快晴。風も穏やか。水温も冷たくない。


泳ぎだすと、海藻(藻)がいっぱい絡み透明度はゼロ。堤防には「泳がないでね。遊泳禁止!」の文字。

バイクでは、時速3540KM以上(か?)で抜かれていくのを横目に見て、溜息と感心(すごい脚力)

ランは、足が前に運べないのを我慢しながらマイペースでFINISH(楽しかった)


昼食引換券ではオムライス弁当を。トライアスロンバッグの記念品もあり。

マーシャルやボランティアの皆さんの大会運営の対応も良く、

気持ちのいい大会でした。

c0236415_19135903.jpg


[PR]

# by hokui8do | 2017-10-02 19:20 | トライアスロン | Trackback | Comments(2)  

徒然なるままに「秋彼岸会」

2017916日(土)

お彼岸の季節。ご先祖様への感謝を表す「お彼岸」。

今年の彼岸の入りは920日。

少々早いながら、千葉祖敬堂(納骨堂)へお墓参り兼ての「秋彼岸会」に行ってきました。


そもそも「彼岸」とは、雑節の1つで季節の移り変わりを掴むための特別な暦日。

今住んでいる煩悩だらけの世界が東で此岸(しがん)。極楽浄土のある仏様のある世界が彼岸(ひがん)。

西に沈む太陽を礼拝して、極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりらしい。


導師は、いつもお世話になっている池田良久住職。

面白おかしく話をされ、前回今回とギター抱え、さだまさし風の「わおんの唄(和恩の唄)」の弾き語りと全員で合唱。

最後に感謝と笑顔で過ごしていきましょうで終了。

年間行事になってます。

c0236415_18311873.jpg


[PR]

# by hokui8do | 2017-09-17 18:39 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)