徒然なるままに「秋彼岸会」

2017916日(土)

お彼岸の季節。ご先祖様への感謝を表す「お彼岸」。

今年の彼岸の入りは920日。

少々早いながら、千葉祖敬堂(納骨堂)へお墓参り兼ての「秋彼岸会」に行ってきました。


そもそも「彼岸」とは、雑節の1つで季節の移り変わりを掴むための特別な暦日。

今住んでいる煩悩だらけの世界が東で此岸(しがん)。極楽浄土のある仏様のある世界が彼岸(ひがん)。

西に沈む太陽を礼拝して、極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりらしい。


導師は、いつもお世話になっている池田良久住職。

面白おかしく話をされ、前回今回とギター抱え、さだまさし風の「わおんの唄(和恩の唄)」の弾き語りと全員で合唱。

最後に感謝と笑顔で過ごしていきましょうで終了。

年間行事になってます。

c0236415_18311873.jpg


[PR]

# by hokui8do | 2017-09-17 18:39 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)  

那須旅行

201778日(土)~9日(日)

今回は娘夫婦と孫のMちゃんと一緒に、何年ぶりかの那須へ12日の旅行。

まだまだ知らない那須を見てきました。


大谷石は石塀や防火壁に使う石。

大正時代の旧帝国ホテルにも利用された歴史がある。

その採掘現場をまるまる使って、地下30Mの巨大な空間を資料館へ。

ここは戦時中、軍事工場でもあった。


そして、美味しいチーズをゆったりした気分で味わう事ができた「CHEESE GARDEN」の「しらさぎ邸」。

すぐ隣にはおしゃれな店を構え、大勢の人が買い物や試食、食事もOK

我が家のお土産はレモンのチーズケーキでしっとりした味わい。(美味い‼)


那須高原に讃岐うどんのお店を発見。

「うどんの匠人 岡本」のぶっかけうどんは、少し細めだがコシのあり、味は讃岐うどん間違いなし。

大皿にお洒落な盛り付けは上品そのもの。

店員さんの丁寧な接客や丁寧なうどん作りには、また来店の価値あり。


帰りの東北高速道路。羽生SAは江戸時代の街並みが再現。

真夏の那須は、いろいろ発見できました。

c0236415_23032934.jpg
c0236415_23033509.jpg
c0236415_23034002.jpg


[PR]

# by hokui8do | 2017-07-10 23:06 | 旅行 | Trackback | Comments(2)  

東京湾OWS

201772日(日)

稲毛海浜公園の稲毛の浜がスイム会場。

曇ったり晴れたりで暑くもなく水温も24度の中、韓国からネットで参加した選手5名も出場しプチ国際的な大会になりました。


スタートすると意外と左に流され、

1ブイ回ると沖合は波は多少あり。クラゲは今回なし。

2ブイ回り、ゴールのオレンジブイが分かり難く、ゴール先の建物目指し蛇行しながらもフィニッシュ。

自然環境に合わしていくのがOWS。風と波を読むのは難しい

c0236415_20234714.jpg


[PR]

# by hokui8do | 2017-07-02 20:24 | スイミング | Trackback | Comments(2)  

南房総アクアスロン

2017611日(日)

昨年の岩井海水浴場の会場から今年は、原岡海水浴場の会場に変更。

ここの海岸。木製の桟橋がまっすぐ海に伸び、その先には富士山を望めるTVコマーシャルやロケで有名な場所らしい。

ググると素晴らしい夕焼けの写真がヒット。


そんな事は露知らず、早朝JRで富浦駅下車。南房総アクアスロン大会のショートの部に参加。水温21度は少し冷たい。波もなく泳ぎ易いが、透明度はゼロ。

気温も22度と曇り空で走り易い。

砂に足を取られそうになりながらFinish

一緒に参加された選手とも親しくなり、いい大会でした。

c0236415_21000835.jpg


[PR]

# by hokui8do | 2017-06-11 21:03 | アクアスロン | Trackback | Comments(2)  

「キャリア教育のウソ」

2017415日(土)

仕事柄「何?このタイトルは」と手にしたのがこの本(児美川孝一郎氏著)。

20年近く研究された著者が、今時のキャリア教育のあり方の疑問を持ち、新たな視点から伝えたいという気持ちを込めたタイトルだった。


まだ働いたことがない学生に、「やりたい仕事は?」はイメージ先行になってしまうので、職業の選択には、深いレベルの「自分軸」の「価値観」を意識せよと言っている。大事なのは「価値観」を実現する事に気づけば、職業の選択肢は広がるというわけだ。


面白かったのは、「小学校に入学した子供の65%は、大学卒業時、今の存在していない職業に就く」というくだり。キャリアプランの否定ではないが、クランボルツ理論の「キャリアは決して計画に基づくのでなく『偶然のチャンスを活かす』事が多い」につながっている。チャンスを呼び込む為にも日ごろの努力が大事だという事だ。


共感したのは「自分なりの判断基準で作ったキャリアデザインは生き方の軸。この軸を育てて磨き上げろ」

引き出しが1つ増えました。



[PR]

# by hokui8do | 2017-04-15 23:53 | 読書 | Trackback | Comments(2)